クラシックギターアンサンブル ピアチェーレ
                             

2015年11月13日(金)クラシックギターアンサンブル:ピアチェーレは新磯野ディサービスセンター様に訪問演奏に行きました。

 ピアチェーレの名前の由来を説明しました。イタリア語で「喜んで、こんにちは」という意味です。
 そしてピアチェーレの訪問演奏で目指していることを説明しました。
 仝浚兇鮖彪磴垢襦∀辰鬚靴泙后◆覆修了のニュース、季節、話題などを笑いを交えて、解りやすく話す) 大きなテレビに、演奏する曲に合わせた、映像を流す。
 3Г鵬里魏里辰討發蕕Α´ぢ里鯑阿す体操をする、と映像を見る(眼)、歌を歌う(口)、演奏を聞く(耳)、体を動かす(体)、楽しい話を聞いて笑う、納得する(頭脳)の五感を刺激する事を目指しています。

 歌を歌って、体を動かして、楽しい話を聞いて大きく笑って、数を数える体操をする、少しは、音楽療法になっているかと、考えながら、訪問演奏のメニューを考えています。
 毎回、施設様から結果の反省すべき所を
頂き少しでも進化していけたらと工夫しています。

 当日、突然、演奏曲のリクエストを頂き、大慌てで、楽譜をインターネットで取り寄せ、コードを決め、メンバーに配りました。
 本番10分前、3回試し弾きをしただけで、本番にかけました、何とか弾けましたがーーー、ふうー汗がどーと出ました。
 写真の仲間に演奏曲の映像を作ってもらい、流しています。
 他の、団体との、コラボ活動もピアチェーレの活動の一つです。
 秋バージョンのプログラムです。演奏.疋鵐哀蠅海蹐海蹇△海譴ら歌です月の沙漠赤トンボね湿討云焼け、また演奏ですゥ劵泪錺雖ΠΔ離蹈泪鵐広鉄道員┘献礇法璽ター、そしてまた歌ですふるさととうりゃんせ幸せなら手をたたこう最後の曲旅愁、
アンコールの声に
赤い靴もみじ
で終わりました。
 本日のお話しは、皆さん子供のころ歌ったであろう、数え歌を歌いました。
 1は伊勢の大神宮2は日光東照宮ーーーと10まで歌いました。おひとり歌ったという方がいらっしゃいました。
 少しは納得のいくお話しをしました。
 来年の干支はさるーー−なので下着は赤い色が勝負色とのお話しです。のほかいろいろ話ました。
 施設の職員の方、お客様の皆さん、ありがとうございました、帰り際に「おもしろかった、あっという間の時間だった」とお客様に言って頂きました。お世辞でもありがたい言葉です。
 本当に、お世話になりました。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター