ZAMA生涯学習ボランティア研究会
                               

樋口一葉とその文学を探る パート1

H27.10.17(土)に東地区文化センタ−において、日本近代文学専攻の山田有策東京学芸大学名誉教授を講師にお招きし、「樋口一葉とその文学」のお話をしていただきました。今年は一葉の代表作「たけくらべ」の発表120年の節目でもあり、一葉の近代文学での存在、足跡、文学について、その人となり等「たけくらべ」の解説をまじえて学びました。その解説に参加者皆様大変共鳴し、素人にも大変わかりやすかったと大好評でした。


前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター