「スキップ」 ざまの介護情報誌を作る会
                             

『スキップ 地域交流サロン情報』 第3弾

通信【6号】を発行しました。

今回は4つの地域交流サロン情報を紹介します。

■“ふれあいサロン大下”、“地域コミュニティスペース 庵”、
  “相武台ふれあいサロン”、“サロンわかば”

■知っトク情報・・・『コミュニティCafe 谷戸山』オープン

■ちょこっと体操・・・『ふくらはぎパンパン体操』について

サポートセンター、座間市社会福祉協議会、公民館、コミュニティーセンター、地域包括支援センターなどに置いてあるので、是非、手に取ってご覧ください。


 
   

★ふれあいサロン大下(おおしも)

健康づくり講座<シニア世代のげんき生活応援隊>を修了された方がサポーターとして活躍されています。
★地域コミュニティスペース 庵

同じ思いを持った方が集まり、自分たちの居場所、第2のリビングとして開いているサロン。
★相武台ふれあいサロン

空き店舗を活用し、週3回開催しています。自分たちだけの場所なので、壁面を飾ったりと工夫がいっぱい。
★サロンわかば

色々な人との繋がりがあることで、不安を少しでも解消し、安心して暮らせるようにと開いているサロン。
新しいサロンが谷戸山公園の近所にオープンします。

大きな窓から緑を眺め、午後のひと時をゆっくり過ごせる…
そんな居心地のよいサロン。
10月27日は特別企画として、谷戸山公園写真展とおいしいコーヒーのお話があります。

どなたでも参加できますので、気軽にお越しください。

今村先生の体操は、家事の合間、テレビを見ながらなど毎日のリフレッシュにgood!




前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター