座間市パソコンサポートクラブ
                               

パソコン講座「ほんとうにはじめてのパソコン」(2015年6月)

 6月7日,14日,21日,28日の4回(毎週日曜日)で、座間市立北地区文化センターにおいて、市主催のパソコン講座が開催されました。

この講座は、講座名の通り、本当に初めてパソコンを触る人を対象にした講座です。16名(男性4名、女性12名)の方が受講されました。

1日目と2日目は、マウスやキーボードの操作を習って、簡単な文書を作りますが、受講者の皆さんは、最初は緊張されていたようですが、1時間、2時間と時間が経過する毎にパソコンに慣れてきて、文字を入力できるようになり、簡単な文書を作ることができるようになりました。
この瞬間が、講師としては喜びを感じ、またやりがいを感じるのです。
3日目、4日目は、インターネットとメールの体験をしました。インターネットでは、地図検索で、「東京スカイツリー」を検索して、パソコン画面に地図が表示されたときは、驚きの声が出たりしていました。

 今回の受講者の2〜3人の方は、復習や予習をやったと言っていました。パソコンを持っていない方の一人が、パソコン相談会で準備しているパソコンで入力の練習をしていました。また、ローマ字入力が苦手と言っていた方が、2日目に入力する文書に前以ってローマ字を記入してこられ、文字入力に遅れまいと努力されていました。
このように、受講者の皆さんが、パソコンを覚えようとする姿勢に感銘を受けました。
 
 今回受講されて、分からないところ等がありましたら、パソコン相談会で質問をしてください。お待ちしています。(座間市パソコンサポートクラブ)



 
   

4日目の「メールを使ってみよう」の講座では、実習として、隣り合う席の方々で互いにメールの送受信を体験した。受講者は失敗など色々苦労しながらも、達成感を得て大変喜んでおられました。




前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター