東原コミュニティセンター
                               

平成26年度 第6回文化講座 健康講座4

「物忘れそれとも認知症」
平成26年12月3日 水曜日
東原コミュニティセンターにて
参加者 39名
講師 相模台病院 精神科 新井久稔先生
認知症は、・体験全体を忘れる・自覚がない
新しい出来事を記憶できない・ヒントを与えられても思い出せない・時間や場所などの見当がつかない・日常生活に支障がある、など。

 
   

認知症の50%はアルツハイマー型認知症である。
症状の例:同じものを何度も買ってしまう事が多くなる。
感情面では意欲の低下、元気がなくなる、おどおどした自信のない態度が頻繁にでる。
電話をすませた後で元の会話が思い出せない。電車やバスに乗っていて目的地を忘れる。
人の話についていけない。物の名前がでてこない。見知らぬ所で運転中に道に迷う。
予防と治療
定期的な運動、果物などをまじえたバランスのよい食事、
趣味やボランティアで生き甲斐をもつ、禁煙と飲酒を適度に控える、かかりつけの医療機関をもつ、
知的生活習慣を身につける、人と人のつながりを大切にする、
糖尿病や高血圧は認知症を促進するので早めに治療する、

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター