栗コミフォトクラブ
                               

栗コミフォト 2015年5月13日 例会

長いようで短かったGW、お楽しみになれましたか? 日頃出来なかった家族サービスに奮闘したお父さん達も多いのではないでしょうか。 ご家族や友人達との思い出の写真も沢山残せたと思います。 是非時間を置かずに整理して楽しんでください。 それら1枚1枚が将来の宝物になります。



タイトル:桜花爛漫
撮影者 :ツチガネ

春の日差しを受けて凛々しい姿の松本城です。 主体の松本城を安定した位置に配置し、添え物の桜を配置していますが少し桜の占める面積が広いような気もします。 立ち位置を若干右に寄るとより主体がはっきりすると思います。
いずれにしても往時の雰囲気が上手に表現されていると思います。

タイトル:浜のそよ風
撮影者 :オカ

撮影場所が何処かお分かりになりますか? キングこと旧神奈川県庁屋上との事です。 
空間の広がりを上手に捉えている作品です。
撮影者は左手前の撮影場所建物の煉瓦の映り込みが気になるようですが、写り込んでいた方がこの場の高さがイメージでき良いように思えます。
タイトル:十六菊花紋
撮影者 :フクツカ

門の内と外での露出差が大きいので撮影の際の露出をどちらにするか悩ましい撮影条件です。
作品は露出を外の桜に合わせました。 結果、門に留められている菊の御紋章が暗くなりましたので整理の段階で紋章の部分だけ明度を上げて仕上げました。
撮影者ご自身の意図通りの作品になったと思います。

タイトル:無題
撮影者 :カツナガ

カンボジアでのワンショットです。
仏像が整然と並んでいるところを奥行きを強調して撮影したそうです。 その意図が十分感じられる作品になっています。
ただ主体が少し弱いようです。 露出を若干アンダーめにして、背景の寺院をもう少しぼかして見ても良いと思います。
タイトル:浜空の舞い
撮影者 :オカ

横浜のイベントの際に行われた民族舞踏パレードの様子です。
雰囲気としては良く伝わってきますが、何をこの作品に込めたかったのかが分かり難い作品になってしまいました。 
動きを見せたいならば、スローシャッターに、踊りの姿を見せたいならばポイントを絞ってみるなどの工夫が必要ではないでしょうか?
タイトル:横浜展望
撮影者 :フクツカ

展望室でのワンショットです。 この作品も上の作品同様撮影条件が難しいです。
作品は窓の外の風景は諦め、壁面の写真に露出を合わせ、それを本来見えるはずの風景に代用しています。 いろいろ工夫の跡が伺える作品になっています。
ただこの場合アクティブDライティングを高めに設定して何とか外の風景を撮り込み、仕上げの段階で調整することも出来たかも知れませんが。
タイトル:無題
撮影者 :カツナガ

東南アジアのある国で撮影した作品の様です。 チョット不安げではにかんでいる子供の心情が上手に表現できています。 背景のボケ具合も適切ではないかと思いますが、周りの映り込みが若干煩わしい気がします。 子供の表情を中心に纏めると作品としての主題がはっきりしてくると思います。
タイトル:花吹雪の後の水面
撮影者 :タカイ

カラーの写真をモノトーンに変換しています。 色のない分だけ、その場の華やかさを想像する楽しみが膨らんできます。
川面の流れに漂う桜の花いかだのさまが優雅に表現できています。
また、作品として左下がりですがこうすることにより微妙なバランス変化の面白さを楽しめる作品になっています。
タイトル:ほぼ半数が
        外国人観光客
撮影者 :ツチカネ

タイトル通り今やどこに行っても外国人観光協だらけ。 数年前には「こんな場所に」と思えるような所にも大勢の外人観光客がいらっしゃいます。
作品はそんな情景をスナップとして切り取っています。 写真の記録をとどめる側面を十二分に発揮した作品です。
タイトル:晴やかな音色
撮影者 :サカモト

近隣の市民祭りのパレードの一コマです。
下から見上げる位置取りにして青空を入れ清々しさを表現しました。
タイトル:より近く
撮影者 :タカイ

今年の桜の時期、目黒川沿いは大変な賑わいだったようです。 そんな中でのワンショットです。
真剣な眼差しで桜を撮ろうとしている方の雰囲気が伝わってくる良い作品です。 この時期の華やかさを十二分に味あわせてくれる作品に仕上っています。
余談ですが、立派なカメラをお持ちの彼女ですが、何故「携帯?」と言った話題で盛り上がりました。
タイトル:城内各所で見られる
       婚姻風景絵図
撮影者 :ツチカネ

この作品も上の作品同様、今を代表するような情景写真です。
数年前にはあまり見かけなかった式前写真ですが、今や日本全国どこでも行われているようです。 横浜では大桟橋に行くと必ず3,4組のカップルがカメラマンのリクエストに応えフレームに収まっています。
タイトル:目線
撮影者 :サカモト

東南アジアの某国での一コマです。 あどけない少女の目が、その先にある何か見た一瞬を切り取りました。 背景のボケも思い通りのボケ具合で主体を引き立てています。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター