芹沢親と子の自然観察会
                               

H27年4月芹沢公園自然観察会

4月26日は暖かい一日でした。参加者11名。9:00〜12:00

谷戸部ではキビタキがさえずり、一方では名残のツグミ2羽が雑木林から飛び出して連休前には北に帰るのでしょう。

チョウたちは賑やかです。春先のチョウ・ツマキチョウに会えたのはうれしいです。

雑木林ではナルコユリやヤブニンジンを見つけました。芹沢公園では狭い雑木林ですが里山の植物が残る貴重な場所です。

(画像・左)イヌザクラ

(画像)ツマキチョウ

<野鳥>ヒヨドリ、スズメ、シジュウカラ、キビタキ、キジバト、ツバメ、ハシブトガラス、コジュケイ、メジロ、コゲラ、アオゲラ、ヤマガラ、ガビチョウ、カワラヒワ、ハクセキレイ、ツグミ、クロツグミ♀(18種)
(時間外)センダイムシクイ(公園入り口付近にて)
◆ウグイスの鳴き声がない(ささやぶはあるのに?)
(画像)ナルコユリ

<チョウ>クロアゲハ、ルリタテハ、ムラサキシジミ、ベニシジミ、モンシロチョウ、コミスジ、キタテハ、ツマキチョウ、キチョウ、テングチョウ
<他昆虫>ナミテントウ交尾・幼虫
<キノコ>ハルシメジ(梅林にて)
<カエルお玉>ヤマアカガエル僅少、ヒキガエル多々
(画像)ヤブニンジン

<植物>ハナミズキ、クレソン、ヒメジョオン、ムラサキケマン、キランソウ、イヌザクラ(ウワミズザクラを探せなかった)、ヤブニンジン、ツボスミレ(谷戸部の原で)、ミズキ蕾、ヒメコウゾ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、かんとうたんぽぽ、フジ、ホウチャクソウ、イヌショウマ葉(以上、谷戸部)
(画像)ヒメコウゾ(雄花と雌花)

(植物続き)
ジュウニヒトエ、ナルコユリ蕾、ホウチャクソウ蕾、ムラサキケマン、ニガナ、カラスノエンドウ(以上、雑木林)
(画像)ナミテントウ交尾

(植物続き)
アカバナユウゲショウ、キュウリグサ、アケビ、ノヂシャ、スミレ、ブタナ、ヤブジラミ、イヌザクラ、クワ実(以上、畑)
(画像)ジュウニヒトエ
(画像)ヤブジラミ(ヤブニンジンと似ていますが比べてください)
(画像)オタマジャクシ2種
(画像)造成工事は終わっています。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター