回想法プランニング座間
                             

 カフェサロン花いちもんめ訪問 2015年4月10日

 今回もまた、団体メンバーとその仲間たちで綾瀬市綾西の空き店舗利用のカフェサロンを訪問しました

 そこではお昼を食べたり、コーヒーを飲んだり地域の方がゆっくり過ごす事ができます。

 配食サービスもやっておられます。障害者の作業所のパンを販売したり、地域の方たちの作品の展示販売をしたり、いろいろと連携しておられました。
 
 コミュニティービジネスとして皆で出資金を出し合って立ち上げたそうです。
 それまで、社協の地域サロンとして月に2回ほど無料でコーヒーを出すサロンを開催している中で、常設のサロンのニーズがある事をつかんだそうです。
 そしてサロンのボランティアをしていたメンバーを中心に思い切ってコミュニティビジネスとして始めたとの事。

 食生活改善の団体に所属していたメンバーが培った料理の腕前と知識を生かし、障害者の作業所でお弁当作りをしておられた方たちの経験を活かして、みんなの力を合わせたら作り上げることができたそうです。
 シルバーパワーのすごさを感じました。
 
 そうはいってもやはり素人の集団なので、開業のため保健所に行って相談したら無謀だと言われたりして思った様にはなかなか進まなかったけれど、いろいろな周りの方の協力で立ち上がったそうです。ご近所の底力ってこういう事でしょうか?

 私達も昼食をいただきましたが、薄味で素材の良さが生かされたとっても優しいお味でした。そしてコーヒーがまた、とってもこっくりとしていて美味しかったです。

 写真は「花いちもんめ」の中心メンバーの一人、脇さんです。

 
   

商店街は空き店舗が多く学習塾
ディサービス 酒屋など開いているお店を見るとホットします
 中は大きなテーブル2つゆったり食事が出来ます。
 コンサートも開催される事もあるそうです。
 絵手紙や委託された手工芸品も展示されています。
 私達も買って帰りました 
 今日のランチメニュー
なかなか手が込んでいます
 スタッフの方のお話を伺いながら 楽しく美味しく頂きました 食後のコーヒーも又格別でした。
コーヒーは男性スタッフ(コーヒーマイスター)の自慢の一品です。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター