回想法プランニング座間
                             

西八王子のDS[大正舎]を訪問しました 2015年4月7日

 
 会員メンバー有志と講師の先生、そして会員のボランティアの場で学びの場でもある「シャローム横浜」のスタッフの方たちと西八王子にあるデイサービス「大正舎」を訪問しました。

 このディサービスの特徴はリハビリ(マシン使用)と回想法に特化している事でした。
 ご利用者にはリハビリと回想法には必ず参加していただく事を条件にしているとか。

 建物はコンビニを改装したもので広く明るく、そして、大人が集う場所としての落ち着きのある、白とダークブラウンの対比が美しいシックな調度品で統一されていました。

 回想法を二本の柱の一つとした理由としては、
これまでの経験の中で「回想法は認知症に効果がある」と実感したからとの事。

 そして「大人の幼稚園のような事はやめよう!!」が合言葉だそうです。

 グループ回想法と言っても比較的大勢の方を対象に一度にやっておられますが、皆さんそれぞれに思い出されたことを発言なさっておられとても楽しそうでした。

 一般的なディサービスの現場では男性利用者の割合が2〜3割程度なのですが、大正舎は男性利用者の割合が4割以上もあるということでした。

 「これも、回想法の魅力でしょうね」とおっしゃっていました。

 好きな時間にリハビリマシンのところへ行ってトレーニング。するとすぐに係りの職員がそっと付き添います。

 経営者の姿勢が随所に表れていて通いたくなるとても素敵なディサービスでした。


 
   

 テレビ画面には昔の教室の様子が映し出され、リーダーは皆さんに当時の教科書をお見せします。そして、それぞれの思い出を語ってもらっていました
 マシンを使ってのリハビリ
 
 
 懐かしい品々も置かれていま した
 心理療法士・回想療法士・看護 師でもある経営者の方(男性) とフロアー責任者の方 

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター