芹沢親と子の自然観察会
                               

H26年8月芹沢早朝自然観察会

処暑。昨日から少しはしのぎやすくなった。セミの抜け殻を林縁で集めながら、谷戸部から歩きはじめました。芹沢陸橋まで来る頃にはもう暑くなってきました。ヤブガラシの葉にマメコガネがいたるところで群がっていました。スズメがひまわり畑のあとに群れていましたが、相対的には夏は野鳥は少ないですが、それに比較してチョウは多くいます。

時間6:30〜9:00 晴れ 参加者8名

<野鳥>カルガモ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、キジバト、シジュウカラ、スズメ、ハシブトガラス、カワラヒワ(8種)
(画像)マメコガネ
<チョウ>ヒメウラナミジャノメ、ウラナミシジミ、アカボシゴマダラ、モンキチョウ、サトキマダラヒカゲ、アゲハチョウ、キタテハ、モンシロチョウ、イチモンジセセリ、キマダラセセリ、アオスジアゲハ、ヤマトシジミ、ツマグロヒョウモン、ウラギンシジミ、チャバネセセリ(15種)
(画像)ソクズ
<他の昆虫>アブラゼミ姿、ミンミンゼミ声、ツクツクボウシ声、シオカラトンボ、ウスバキトンボ、カブトムシ♂♀、ショウリョウバッタ、クルマバッタモドキ、オオミズアオ
<クモ>オオシロカネグモ、ジョロウグモ、サツマノミダマシ、ナガコガネグモ
(画像)ハキダメギク
<植物>無印は花咲く
(谷戸部)ヤビガラシ、ヤブミョウガ、ノブキ蕾、イヌショウマ葉、ミズヒキ、ヤブラン、ハキダメギク、ソクズ、ヤマイモ葉、オニドコロ、イノコヅチ、ツリフネソウ葉、トキハハゼ
(画像)ナガコガネグモ
(原っぱ)ハルノノゲ、ブタクサ葉、ママコノシリヌグイ、ヤブガラシ、オオイタドリ蕾、オオマツヨイグサ、ユウガギク、アメリカオニアザミ、ヘクソカズラ、カラムシ蕾、ヨウシュヤマゴボウシ蕾、メハジキ、イヌホウズキ、テンニンソウ
(画像)ウラナミシジミ
(雑木林)キツネノカミソリ、ミズヒキ、ハナイカダ実、ヤブラン、ウマノミツバ実
(畑)ユブガラシ、フクソカズラ、オオニシキソウ、ノブドウ実、クズ、カラスウリ、アカメガシワ実
(画像)サトキマダラヒカゲ
(画像)キタテハ
(画像)クルマバッタモドキ
セミの抜け殻調査結果

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター