座間市民オペラ合唱団
                             

市民演劇祭に参加♪ 座間市民オペラ合唱団

 平成26年2月15日(土)13:30からハーモニーホール小ホールに於いて、座間市民演劇祭が行われ、ナレーションで綴るオペラ「けやき姫」ダイジェスト版を演奏しました(^^♪

 当日は、前日の大雪による積雪の状況で交通機関も乱れた中、予定していた3団体中唯一当団のみが参加しました。前日は朝から雪となり、夜には猛吹雪…。当日は晴れたものの、積雪量は近年にないほどの多さでした。出演時間も繰り上がり、お客様に来ていただけるのか心配でした。でも…誰も観に来てくれなくても精一杯演奏しよう♪…と気分を引き締め、開幕のベルを待ちました。幕が上がると、そこには、苦労して会場に駆けつけて下さったお客様の顔があり…(^^)、とても嬉しかったです。神奈川新聞の取材もありました。

 座間に伝わる伝説を基に創作された市民オペラ「けやき姫」は、”いのちや自然の大切さ”を伝えています。私たち合唱団は、このオペラを次代に伝え続けたいとの思いで機会を捉えて演奏しています♪
 今回の演劇祭では、ソリストは登場せず、ナレーションで綴るダイジェスト版として約30分の演奏をしました。 
 当日観に来ていただいたお客様には、本当にありがとうございました。

 
   


前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター