男が楽しむ料理サークル
                             

男が楽しむ料理サークル(平成26年2月)の献立

平成26年2月23日(日)@ 北地区文化センター実習室 (出席:男性8名)

閲覧頂き、ありがとうございます。

今回は和食として冬を代表する魚と野菜です。和食は「旬」を大事にするのだそうです。

鰤(ブリ)は、DHAやEPAが豊富で、青背の魚の中でもトップクラスだそうです。そのほか、大根や小松菜など野菜をたっぷりとした生活習慣病の予防に適したレシピでした。
小松菜はカルシウムが野菜の中ではトップクラスだそうです。

〇ぶり大根

ブリは塩を両面に振ったあと熱湯をかけて冷水にとっておきます。今回は生姜をたっぷりと使ったのか、魚くささが全く無くて食べやすく美味しくできました。大根も柔らかく味がしっかりとしみこみました。写真の黄色っぽいものは柚子の皮で、よい香りと風味がありました。

なお、ダシは、塩一つまみに、酒、砂糖、醤油、大匙4にみりん大匙3です。

途中「なべ返し」というテクニックを使って、中の材料を攪拌しますが、「ちゃぶ台返し」と言っていた人がいましたが、たぶん冗談だと思います。

〇小松菜と春雨の炒め物
驚いたのは、春雨を水などで戻さずに使うことでした。5cm長さに切ったあと、硬いままフライパンに投入するのです。ただし、その前にフライパンで、小松菜たっぷりを炒めておきますので、水分があるため、春雨を硬いまま投入して良いようです。その他、干し椎茸やねぎのみじん切りも入れています。

〇簡単チーズ巻き
簡単に出来るつまみになります。
ラップの上にのりを置いて、その上にスライスチーズを載せて、その上にきゅうりやセロリなどいろいろと載せて、のり巻きのように巻きます。私は、のりを火で炙って乾燥しておくのを忘れたのでラップにくっついてしまって後が大変でした。これも学習と思いました。

〇デザート

3月例会は、3月23日(日)10時から北地区文化センターです。
会員と先生と相談し、酢豚にすることが決まりました。
また、よろしくお願い申し上げます。



 
   

大根切りです。(大根のそぎ切りです)
生姜の薄切りです。皮はむかずによく洗ってから切ります。
なべに大根を入れて、その上にブリを載せて、生姜を載せます。昆布だしと調味料などを投入します。
落し蓋に、アルミホイルを使ったところ、真ん中に蒸気の通り抜けるために小さな穴を開けます。
アクをとります。煮汁が少なくなったら「なべ返し」をして攪拌します。煮汁が無くなったら出来上がりですが、多少煮汁が残っていても美味しいです。
干し椎茸とねぎのみじん切りをフライパンでいためます。
5cm長さぐらいに切った、小松菜をたっぷり入れていためます。
春雨を加えて汁気が無くなるまでいためます。春雨は、水で戻さないで、5cm長さで硬いまま入れます。
簡単チーズ巻きです。上に載せるのは、自分の好きなものを入れると良いということです。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター