クラシックギターアンサンブル ピアチェーレ
                             

2013年12月17日(火)ピアチェーレはケアセンター座間苑様へ慰問演奏に行きました。

 ケアセンター座間苑様のみなさんは大広間で私たちが来るのを待ってくれています。

 まずは、本番前の音合わせです。今まで練習の時、どうしても合わなかった「主よ人の望みの喜びよ」を直前ですが、必死に合わせています。

 上手くいかなかったら、本番に演奏するのを止めますか、と考えていました。が
ナント、上手く行きました。

 本番で、演奏する事になりました。
今日は、クリスマス曲が中心です、皆サンタさん帽子をかぶって、張り切っています。

 今日も、プレシャス・ママさんと一緒に、クリスマスの歌を歌います。

 今回のママさん達は、皆始めての参加のようで、最初のうちは、遠慮をして、小さな歌声でした。

 2曲目あたりから、だんだん声が大きくなりました。

 そして、最後に、ママさんと子供たちに、「どらえもん」の歌を歌ってもらいました。

 拍手喝さい、子供たちは一躍人気物です。

 
 われわれピアチェーレが15曲、演奏しても、それよりも子供たちとママさん達で、「ドラえもん」1曲を歌ったらお年寄りの笑顔は満開、やはり、子供達のパワーは強力です。

 いいですね、子供の無邪気さは、最後にわれわれ、出演者と
お年寄りと、握手をして、お開きになりました。

 今回もプレシャス・ママさんとのコラボでの、慰問演奏は成功です。ありがとうございました。

 座間苑様との来年のらいえんを約束して、一同、苑をあとにしました。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター