座間のホタルを守る会
                               

2013年秋の目久尻川清掃活動報告

10月6日に目久尻川秋の清掃活動(当会主催・座間市後援)を市民参加で行いました。8時45分に2箇所の集合場所にあつまり、栗原交番前の小広場では当会会長と市環境政策課長の挨拶を頂戴して、4箇所に分かれて清掃を開始しました。11時にはすべての組で作業は終了しました。
<参加者数>
上流班:18名(内、一般10名、会員8名)
中流上:12名(内、一般8名、会員4名)地元自治会主体
中流下: 7名(内、一般1名、会員6名) 川岸の清掃のみ
下流班:18名(内、一般11名、会員7名)
参加者合計:55名(内、一般30名、会員25名)

<再分別報告>翌7日に前日回収した家庭ゴミ類をクリ−ンセンターにて再分別作業をしてきました。今回は電子秤で計量しました。
燃えるゴミ121.7kg+燃えないゴミ(せともの7.2kg、ビン類3.7kg、缶類5.4kg)+不燃ゴミ(鉄クズなど)42.2kg=合計180.3kg

上流班担当報告;今日は少し暑い日でしたが無事川の清掃ができ参加者も18名まずまずの成果でした。皆さんのお蔭で川も綺麗になり今年はアユがとても多く遡上しております。生き物も満足でしょう。
中流班上担当;地元自治会主体で12人の参加で薮根橋から下流に向かって作業をしました。川には3人が入りました。特に目立ったゴミはありませんでした。途中中流班で栗原橋から上がってきた7名(川には入りませんでした)と合流しました。
18名の参加で、河川内立ち入りは胴長4名で行いました。途中3箇所の河川内で草地がある箇所で、一般参加者にも入ってもらいゴミの収集を行いました。
流れが滞る箇所では家庭ゴミが溜まっていましたが、ビニールゴミが主体でした。
粗大ゴミは自転車の車輪1つ、時々錆びた鉄の部品でした。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター