座間市民活動サポートセンター運営会議
                               

すみたいまちをつくるわたしの一歩                創造的な協働へ向けて〜実践から学ぶ〜 2013/6/1(土)

「こんなまちだったら、もっと暮らしやすいのに」

「こんなサービスがあったら便利なのに」と思うことはありませんか? 


そんな思いを実現するための手段のひとつである「NPO(非営利団体)」や「協働(パートナーシップ)」について学ぶ講座を2013年6月1日(土)24名の方に参加いただき開催しました。

 講師:久住 剛氏

 公益財団法人 パブリックリソースセンター 財団理事長
 特定非営利活動法人 パブリックリソースセンター 代表理事



 
   

前半は講義で、身近な事例を交えながら、NPOが誕生した社会的背景やその役割などについて学びました。
後半は団体からの事例発表
「アクティヴ・ママ」から
住宅メーカーとのコラボでそのモデルハウスで子育てサロンを始めるにあたって、苦労した点などの報告がありました。
事業を展開、継続していくための人件費の保障や相互の取り決めを明確にすることなど、
NPOが企業や行政とパートナーシップを形成する必要性や気をつける点などについても、講師から説明がありました
参加者からは、
「わからない、難しいと思わず、挑戦してみることが第一と痛感し、有意義でした。」
「NPOについて、例えなどがあり、わかりやすかったです。受益者の喜びにつなげていけるように協働していきたいと思っています。」
という声をいただきました。

また、より詳しく学ぶために、次回開催を望む声も多数いただきました。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター