座間市おもちゃドクターの会
                             

エコラジオ工作@公民館

2013年8月24日(土)の公民館こども夏まつりのサマーサイエンスと翌8月25日(日)のふれあい自然科学クラブの2日連続で公民館のイベントで「電気の要らないエコラジオ」と称してゲルマニウムラジオの展示、工作を行いました。

当日ちゃんと放送を聞けないと困るので、お話をいただいた4月から何度も試作、試験を繰り返した努力作です。

サマーサイエンスは、ちょっととっつきにくかったかもしれませんが、簡単な構成のラジオでちゃんと音が聞こえることや、ダイオードの代わりに鉱石を使ってもラジオになることを子どもたちに実感してもらいました。

自然科学クラブでは、途中いろいろトラブルもありましたが15組の親子全員無事時間内にゲルマニウムラジオを製作、放送を聞くことができました。

おもちゃ病院とは、勝手が違っていろいろ難しいこともありますが、子どもたちにものづくりを体験してもらうのもおもちゃ病院活動の目的と通じるところがあるので、このような活動にもチャレンジしていきたいと思います。

ふれあい自然科学クラブでラジオ製作中の親子
サマーサイエンス ブース風景
サマーサイエンス展示品

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター