芹沢親と子の自然観察会
                               

H25年8月早朝芹沢自然観察会

定例日25日日曜日が雨だったので今日26日月曜日に8月早朝観察会を実施しました。
昨日から涼しくなったので今朝は晴れても涼しくて助かりました。セミの抜け殻集めをしながら歩きましたが、谷戸部では今夏大変少なくて、芝生広場西側サクラ大木に沢山抜け殻が集まりました。

6:30〜8:40。参加者9名。

<野鳥> 鳥影少なく12種
キジバト、ヒヨドリ、ハシブトガラス、アオゲラ、アオサギf、ツバメ、シジュウカラ、スズメ群れ、ハシボソガラス、ハクセキレイ、ドバト、カワラヒワ
◆ムクドリが居なかった。
◆ベニシジミの夏型は斑の赤橙色が薄い。(↑画像)
<チョウ>
アカボシゴマダラ、ヒメウラナミジャノメ、ダイミョウセセリ、イチモンジセセリ、キマダラセセリ、ナミアゲハ、コミスジ、キタテハ、サトキマダラヒカゲ、ヒカゲチョウ、クロアゲハ、モンキアゲハ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ツマグルヒョウモン、キチョウ、モンシロチョウ、モンキチョウ、ウラギンシジミ、ルリタテハ(20種)
<他の昆虫・くも>
ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、クマゼミ声、シオカラトンボ、ウスバキトンボ、エンマコウロギ声、ショウリョウバッタ、ジョロウグモ
◆谷戸山公園ではオオシオカラが沢山飛ぶが芹沢公園では見かけない。(↑画像:シオカラトンボ)
<植物>(咲く。その他は説明)
ヘクソカズラ、イノコヅチsp、アメリカフヨウ、ノブキ、タマアジサイ、ヤブミョウガ、ヤブラン、ヤブガラシ、ソクズ(花〜橙色の実)、カラスウリ、ミズキ実、マユミ実、キツネノマゴ、タケニグサ実、メヤビマオ、ミズヒキ、ママコノシリ
ヌグイ、コブシ赤い実、カラスウリ、クズ、ヌスビトハギ、アカバナ、マルバルコウソウ、ノブドウ青い実、センダン青い実
◆イノコヅチ、ノブキが谷戸部に多い。
◆イノコヅチには、ヒカゲとヒナタがありますが、その差異はわずかで識別が難しいです。
(↑グラフ:セミの抜け殻調査結果)

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター