還暦軟式野球チーム「座間クラブ」
                             

還暦・古希「座間クラブ」4月13日の試合結果

平成25年4月13日(土曜日)9・00〜10・50

 神環連(還暦の部)春季大会

 球場  南足柄球場

「座間クラブ」対「湘南ドリームズ」が対戦しました、両チームとも譲らず点の取り合いになり、6回時間切れで7対7の引き分けになりました。

座間クラブ    3 1 0 0 0 3  7

湘南ドリームズ  0 5 1 0 0 1  7

1回の表 1番 児島選手が1塁2塁間を抜きヒットになり、ライトがハンブルする間に三塁に進みました。

2番、3番が強烈なピッチャーゴロを好守備の投手に阻まれてツーアウトになりましたが、4番 近藤選手が三遊間にヒットを放ち先取点を取りました。

5番 田畑選手がライトに三塁打を放ち追加得点を取り、6番(DH) 曽我部選手がレフトにヒットを放ち3点目を上げました。

7番 西川選手もライトにヒットを放ちましたが、後続が続かず3点どまりになったが、ツーアウトからよく点が入りました、最後まで諦めない。

2回の表 9番 春木選手がライトセンター間にヒットを放ち、10番 菊池選手のピッチャーゴロをセカンドに暴投しノーアウトで1塁2塁になり、1番 児島選手がバンド失敗で、2番 亀山選手がピッチャーの好守備で強烈なライナーを取られしまいました。

ツーアウト後 3番 吉田選手がデットボールで一塁、二塁になり、4番 近藤選手が今日 二本目のヒットを放ち追加点を取りました。

2回の裏 突然春木投手が乱れ、二者連続のフォアボールと長短打、エラー等で5点を失い逆転されました。

3回の裏には連続ヒットでピンチを向かえましたが、1点に押さえました。

4回、5回は両チーム共にヒツトが出るが得点に結びつかず。

6回の表ワンアウト後 途中出場の東條選手がヒットを放ち、1番 児島選手がデットボールになり、2番 亀山選手が三振のツーアウトで万事休すかと思いましたが、3番 吉田選手がフォアボールを選び満塁になり、今日 大当たりの4番 近藤選手がレフトにヒットを放ち3点を上げ逆転に成功しました。

6回の裏まずい守備の乱れでノーヒットで1点を取られてしまいました、結局7対7の引き分けになりました。



 
   

素晴らしい長閑な山間がある風景です。
南足柄球場の正面玄関です、素晴らしい球場です。
まだ球場が開いてないので待っ選手達です。
球場の周辺が素晴らしいです。
ライト側で練習をする選手達です。
球場の周辺が素晴らしいです。
バックネット周辺で綺麗に整備されたグランドです。
試合前のベンチで準備をする選手達です。
試合前の審判員です。
試合前に整列した選手達です。いざ出陣です。
攻撃中のベンチで打席に入る19番 菊池選手です。
ベンチで戦況を見守る鈴木泰二選手です。
打席に入る近藤選手です、次打席の田畑選手です。
攻撃中でランナーが二塁にいます。
バッターは田畑選手です。つぎのバッター曽我部選手です。
試合終了後 小出監督の今日のコメントを発表しております。選手達は良い顔をしております。ミスが多かったので、次の試合に生かすように。
コメント後各選手が帰宅の準備をしています。サインの見落としも多かったので確実に見ること。
各選手が今日の試合について熱く語っています。ヒットを長短打を含めて13本でしたが、相手は5本です。
各選手が反省点を語っています。勝ちたかったが良く引き分けにしたと思います。
今日の試合が大変緊張したゲームでしたが、選手達は満足感がありました。
監督のコメント後も選手達の今日の試合を振り返っています。最後まであきらめない気持ちが良かった。
試合後観覧席で一部の試合を観戦しています。
観覧席で観戦している選手達の顔は満ち溢れています。
観覧席では天気が良く今日は朝冷えていたが、野球日和である。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター