座間ふるさとガイドの会
                             

H25 春の文化財めぐり

 平成25年3月17日(日)に座間の水源『芹沢地区』を訪ねました。

 芹沢地区は座間市が誇る美味しい水の故郷です。<芹沢は水の源 市のたから>と郷土かるたに詠われます。この地域ガイドは幅100m、長さ600m程の狭い谷で、起伏に富んだ地形の為、緑の多い谷戸の原風景を残している貴重なコースですし、又、「なべっつるしの辻」「一つ目小僧地蔵菩薩」等の伝説・言い伝えや、昭和の激動期の歴史「高座海軍工廠地下工場跡」にもふれるコースです。

朝、9時30分に参加者が市役所前に集ま、出発です。列で移動しますので、車などに気を付けます。
上栗原石造物群(緑ヶ丘1丁目)
嘉兵衛坂の下、星の谷街道と栗原縦貫道の分岐点。4つの石造物群の前でその特長と経緯の説明します。
なべっつるしの辻(栗原中央6丁目)
民話の舞台のなべっつるしの辻で、言い伝えを説明します。怖くてユーモラス?
老場(芹沢公園)
芹沢地区の奥まった辺りの旧い呼称で、馬を飼い囲っていた場所で、籠馬が語源かと説明。
第二水源井(すいげんせい)
芹沢公園の中にある。設置の経緯と役割の説明
高座海軍工廠地下工場跡
芹沢公園の中。入口は鉄柵で閉じられ入ることは禁止。戦時中の苦肉の策とその歴史を振り返る。
三屋の坂
曲がりくねった急な坂道を昔の芹沢地区の人々は上り下りして働いた説明。
一つ目小僧地蔵菩薩
偶然発掘した頭蓋骨は眼窩が一つであった出来事と地元の篤い弔いの説明。
山王神社
芹沢地区の氏神様の説明。青面金剛像の庚申塔なども合祀している説明。
第一水源井(すいげんせい)
「美味しい座間の水」の源。設置目的から歴史的変移と役割を説明。
道祖神と芹沢橋(川)
栗原中央1丁目。道祖神の丸石はどんど焼き(火祭り)に使われる。芹沢橋は全長1400mの芹沢川の澄んだ冷たい水の流れに架かっている
簡易ガイド

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター