座間図書館ボランティア友の会
                           

盛況でした。「どれでも1冊10円の古本市」

3月2日(土)、3日(日)に座間市立図書館講座室で、恒例の「どれでも1冊10円の古本市」を開催しました。
単行本、文庫本、全集・図鑑、雑誌、絵本、子どもの読み物ほか7,600冊余り用意しました。
2日間で来場者は約600人、販売数は約4,700冊でした。
「どれでも1冊10円の古本市」は、毎年3月と9月の上旬の土曜日と日曜日に行います。
売上金から経費を差し引いた収益金を積み立てておいて、毎年子供向けの本を購入して図書館に寄贈しています。

今年度の寄贈する本は次のとおりです。
・「100円からできる国際協力」1〜3巻
・「子ども・平和・未来21世紀の紛争」1〜5巻
・「写真絵本 国境なき医師団」1〜6巻
・「水ってなんだろう」1〜5巻
・「音楽の部屋」1〜4巻

3月は座間市生涯学習フェスティバルの一環として開催されますので、今年は“ざまりん”が図書館を訪問してくれました。

この古本市は、図書館で不要になった本をそのまま廃棄せず座間図書館ボランティア友の会が譲り受けて、もう一度本として活かし廃棄に伴う環境への負荷を少しでも減らそうという趣旨で行っています。

お願い:古本市へおいでの際は、購入した本を入れるバッグや袋を持参してください。


前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター