ZAMA生涯学習ボランティア研究会
                             

クスクス! ウフッ!社会人「落語を楽しむ」

11月24日(土)、午後のひと時、東地区文化センターで、社会人「落語」を楽しみました。企画したZAMA生涯学習ボランティア研究会が、恒例となっている「暮らしを豊にする実践講座」と題して、ほぼ、毎月、いろいろなテーマで開いているもので、今回で、落語は2回目、
 解説と落語実演は、当会のメンバーで、仲亀誠一さん(三遊亭端王)は、現在、座間市東原で社会保険労務事務所を構えて居るバリバリの社会人落語家です。 
「落語を楽しむ」のテーマで、第一部は、DVDを使って、落語でわかる江戸庶民の暮らし、楽しみ、江戸社会のしくみ、昔の時刻など、落語に良く出てくる長屋の衣・食・住や、芝居見物、色街、お伊勢参り、時の鐘、風呂屋、床屋、宿屋などなど、普段なかなか聞けない面白い話しが聞けました。
 第二部は、落語の実演で、太鼓の音に合わせて登場、同門の三遊亭熊王さんと
三遊亭端王さんの粋のいい、声の通った、ものごしに、思わず笑いがこぼれ、しばし、日常を忘れた一時でした。

 DVDを使って落語の歴史、
 用語などの解説
   三遊亭端王さん
  (社会保険労務士)
    三遊亭熊王さん
   (大手建設会社勤務)

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター