座間市民活動サポートセンター運営会議
                               

活動の様子を写真でPR「ざまっと写真カフェ」in ふるさとまつり会場サポートセンターブース 2012/11/4(日)

座間市民ふるさとまつり会場の
サポートセンターのブースでは

「ざまっと写真カフェ」
・・・登録団体の応募による

「写真で見る相模川 いま、むかし」
・・・NPO法人相模川倶楽部

「中華菓子(マーラーカオ)販売」
・・・NPO法人きづき

の展示、販売を行いました。

ここではその中の「ざまっと写真カフェ」について紹介します。


   一緒に
 活動しませんか?


 「ざまっと写真カフェ」

 一目で活動の様子を伝える写真で
   団体をPRしよう!!

そんな写真を撮るのは確かに難しい!!
でも、どうすると良いのか等、プロの写真家のアドバイスがもらえるウソのような驚きの企画でした。

20団体から応募がありました。
ありがとうございました。

★優秀写真は、来年度(2013年度)発行
サークル団体情報誌「ざまっとガイド」
の表紙に掲載される予定です!!


座間市民活動サポートセンター運営委員会と、盒兇いち氏(日本写真協会会員)により
優秀写真6団体 が選出されました!

優秀団体は、写真を大きく拡大し
ピンクのリボンを付けました。
(ここでは赤の文字で優秀を表記して紹介しています)

写真家のアドバイスは必見です。
ぜひ、ご覧いただき今後の写真に活かしていただければと思います。

〔写真家〕
盒兇いち氏プロフィール

 

 
盒兇いち氏の
全体講評です。

 
是非、拡大(クリック)してご覧ください!
\優秀/
回想法
  プランニング座間

〔写真のPR〕
思い出話は介護予防に効果あり!お話サロン支援します
〔写真家のアドバイス〕
人物からは優しさが漂い室内全体はゆったりとした雰囲気に包まれた感じで回想法に適した作品です。
 
\優秀/

ざま災害ボランティア
  ネットワーク

〔写真のPR〕
災害時の足のけがは“足手まとい!!”用心!用心!!
〔写真家のアドバイス〕
災害時まずは家庭の中での対応。文字通り足元から安全を確保するという防災の基本が感じられ、団体として伝えたい要素が表現されています。
\優秀/
ざま生涯学習コーディネーター連絡会
〔写真のPR〕
来年2月28日生涯学習フェスティバルで会いましょう
〔写真家のアドバイス〕
災害時の飲料水確保の見学スナップでしょう。人物の捉え方やシャッターチャンスも良く、見る者に目的を伝える力があります
\優秀/
ZAMAノルディック
・ウォーキング同好会

〔写真のPR〕
2本のポールを使って歩くノルディックウォーキング
〔写真家のアドバイス〕
大勢の会員が活動している姿は、一人ひとりの思いが結集し、強い力となって見る者に迫る力が出ています。
\優秀/
三世代コーラス

〔写真のPR〕
世代を越えても心を合わせ心に響く歌を歌い続けたい!
〔写真家のアドバイス〕
画面人物からははっきり三代を読み取りにくいが、皆さんの歌を愛する気持ちや歌っているときの楽しさが伝わってきます。
\優秀/
ふるさとフォーラム座間

〔写真のPR〕
小雨の中、米作り隊の親子にまじって、元気に田植え。
〔写真家のアドバイス〕
子どもたちから大人まで、ふるさとに伝わる先人の知恵を継承していく姿勢が感じられます。
 
 
〔団体の掲載順は
    全て五十音順〕

 
 
アクティヴ・ママ

〔写真のPR〕
子育て中のママ達が自由に集える場を開催しています。
〔写真家のアドバイス〕
子どもの喜ぶ表情、母親のお子さんへのまなざし等が見えたらもっともっと素敵な仕上がりになると思います。
オカリナ・ピーポの会

〔写真のPR〕
オカリナの伴奏で、幸せなら握手しよう〜♪
〔写真家のアドバイス〕
全体を捉えた写真ですが、何をしているのか様子がわかるように位置を変えたりして撮ると楽しさや嬉しさが伝わった来ると思います。
拡大写本サークル
    「つばさ」

〔写真のPR〕
現在26名の仲間で和気あいあいと活動しています。
〔写真家のアドバイス〕
どんな物を作っているの?どんなふうに作るの?こんな疑問に答えるように写真を見せたら益々入会者が増えるのでは・・
NPO法人 きづき

〔写真のPR〕
原点は「気づき」です。希望と誇りを持てる場所です。
〔写真家のアドバイス〕
団体名と説明文からは何を目的とした団体か分かりにくいです。写真は時に文章よりも明快に説明してくれます。何を伝えるのか設定して撮れるといいですね。
座間SC相模が丘
  防犯パトロール隊

〔写真のPR〕
隊員全員が気持ち一つに地域住民の安全確保を心がける
〔写真家のアドバイス〕
隊員が大勢写っているところも結構ですが、安全確保のため活動している様子がわかるともっと素晴らしくなったでしょう。
座間市
 おもちゃドクターの会

〔写真のPR〕
子どもたちに伝えたいことがあります。
〔写真家のアドバイス〕
大人と子どもを共に捉えたところは良い設定です。もう少し手元が見えるともっと力は出てきます。
 座間市川柳会

〔写真のPR〕展示を指図する当川柳会の高い所が好きな美人会員
〔写真家のアドバイス〕
展示準備の様子を紹介していますが川柳を習うことで私が一番伝えたいことは何だろうと考えた時、内容が見えてくるのではないでしょうか。
座間市点訳サークル
    あかり会

〔写真のPR〕
福祉祭りの点訳体験コーナーに「ざまりん」ちん入!
〔写真家のアドバイス〕
あまりにもざまりんの印象が強すぎて本来の目的を読み取ることに苦労します。団体の目的を伝える設定をされるとより良くなりますね。
座間市ボランティア
    連絡協議会

〔写真のPR〕
横須賀ボラ連との交流会で有意義な1日を過しました。
〔写真家のアドバイス〕
とかく紹介写真は集合写真になりがちです。見る側からすると活動内容が見たいと思うものです。次は見る側のニーズに答えるようにされては如何でしょうか。
 自然を歩く会

〔写真のPR〕
月一回のハイキング!あなたも一緒に歩きませんか?
〔写真家のアドバイス〕
ここも集合写真ですが幸い屋外ですから皆さんで楽しく元気そうなアクションをしている写真が撮れるといいですね。
日本語ボランティア
  サークル「そら」

〔写真のPR〕
ボランティアも学習者も一緒になって楽しんでいます
〔写真家のアドバイス〕
この写真はボディラングエッジなのでしょうか。お教室の楽しい雰囲気を感じることができます。
バリフリマップ座間

〔写真のPR〕
体験は理解への第一歩。心のバリアをなくそう。
〔写真家のアドバイス〕
団体名から主たる伝達目的はマップ作成かと思います。であれば利用者の視点でマップがいかに日常生活で役に立っているか示すと強くなります。
 プレシャス・ママ

〔写真のPR〕
結成一年半のサロンコンサートは大盛況のうちに終了♪
〔写真家のアドバイス〕
全員のお顔を入れたいのはわかりますが写真としてのインパクトは弱くなってしまいます。もっと見る人に目的を伝える表現をしたいですね。
 
 谷戸田の会


〔写真のPR〕
谷戸山公園内南谷戸にて棚田の景色を復元楽しみながら
〔写真家のアドバイス〕
一生懸命育てた植物をもっと足元から見せてほしいと思います。画面はより下をねらうと棚田への愛情が伝わってくるでしょう。
 
 
2012/11/7より会場をサポートセンターに移し、引き続き展示中

屋内、屋外側の両方からご覧いただけます。


前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター