ZAMA生涯学習ボランティア研究会
                             

ZAMAビッグバンド、「ジャズの歴史とブルース」で熱演

 6月24日(日),座間市立東地区文化センターで午後1時30分からZAMA生涯学習ボランテイア研究会主催による「暮らしを豊かにする実践講座」、「ジャズの楽しみ方」に、約140名の市民が参加されました。
 今回でジャズ演奏は13回目となり、前段に講師、家形紀子さんの(ピアニスト)「ジャズの歴史」について、解説があり、特に、「ブルース」では、アフリカからの強制的に連れてこられた奴隷の歴史と共に、厳しい労働から生まれたと言われています。

 第一部の演奏曲は、コンボでブルースで、ルート66、ビリースバンス、ストールモーメント、バックスブルースなど、
第二部は、ビッグバンドでブルースでは、テイク5、モーニング、ルパン3世、インザムードなど、 

迫力あるバンドの生演奏にジャズの悲しい歴史も知り、人の心に触れるジャズ音色に日曜の午後の一時を楽しみました。
 


前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター