ざま災害ボランティアネットワーク
                             

あたらしい繋がりが増えました

1月25日 ひばりが丘3丁目にあります「エステスクエアさがみ野」というマンションの自主防災会が行った、避難訓練にメンバー5人で参加させていただきました。

このご縁は、先日、市役所1階ホールで開催しました、防災とボランティア週間の会場で生まれました。
会場にこられた、自主防災会のリーダーの方とお話をさせていただいたことから生まれたご縁でした。
このほか、個人の方から2名の方が入会してくださいました。
活動の中からこうやって、あたらしい繋がりがうまれっはじめましたことを本当にうれしく思っています。
災害の時には、さまざまな人とのつながりの密度で助けられたり、助けたりということができます。
この「輪」の広がりを大切にして活動をして行きたいと思います。

訓練のレポートは
http://www.0462.net/blog/zsbn/index.html  をご覧ください。

私たち、ざま災害ボランティアネットワークは市内のどこでも出かけていってつながりを作るきっかけを求めています。
防災についての講座や、研修、座談会、訓練などのご相談に乗ります。
ご遠慮なくお申し出ください。

女性メンバーによる炊き出し風景です。
大変おいしい「トン汁」が配食されました。
座間市消防署の装備するはしご車の40メートルを伸ばした展示が行われました。
写真のフレームからはみ出してしまいました。
水消火器による消火訓練風景です。
大声を出して火災であることを周囲に伝え、落ち着いてノズルを抜いて火の方向に向けてクリップを抜きグリップを力強く押します。
水が出たらほうきで掃くように火の根元を狙って放水を続けます。
この動作が、いつでも落ち着いてできるようにしましょう。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター