ピースフォーラム座間
                               

8月定例会報告

スウェーデンは年金や医療などの社会保障制度の充実した福祉国家であるが「福祉国家」という人間を大切にする社会の在り方は20世紀的で、21世紀は人も環境も大切にする「緑の福祉国家」に転換しなければならないとした。
日本は現在、年金問題、少子高齢化社会など社会保障制度も危機的状態にあり、又福島原子力発電の事故により環境も危うい状況であります。スウェーデンがどのようにして人も環境も大切にする持続可能な社会を実現してきたか学習する。



前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター