座間ふるさとガイドの会
                             

春の文化財めぐりウオーキングツアー実施!

『鎌倉古道が通る皆原地区を訪ねる』

 座間市教育委員会の主催による「春の文化財巡り」は、座間ふるさとガイドの会がガイド役を担当して実施されました。今回、実施のコースは座間市内を通る鎌倉古道沿いの史跡、伝説を巡るコースです。
(座間ふるさとマップ コースガイド3参照)

 座間広報に掲載直後より関心が高く、一般参加者は37名となりました。参加者は、星谷寺で2グループに分れてのツアーとなり、予定の時刻に無事終了しました。

 座間市内を通る10街道の中でも、最も旧街道の面影を残す鎌倉古道には、護王姫伝説、おしな伝説等の伝説が伝えられています。相模川の河岸段丘の上を通る道筋は昔のままの細い道。合間に、遠く大山を眺めながら往時の古道の雰囲気を味わえて、大変良かったとの感想が多くの参加者から寄せられました。

〇日時:3月14日(日) 9:30 
○集合:小田急線座間駅西口 
○解散:11:45 皆原の神明社にて。
○距離:約6キロ 
○所要時間:2時間15分
○参加者:37名 
○コース: \叡寺― ∋闇坂― 8邁ι閏辧宗´た柬神社― ネの木坂― 神井戸― П欷誘供宗´┐しな坂・鎌倉街道碑― 廻国供養塔― 神明社


天候に恵まれ、朝早くから集合いただきました。星谷寺境内で見所説明と歩行中の留意点が話されました。
改装の護王姫神社前にて
梨の木坂の説明風景
神井戸湧水の前
皆原神明社前で閉会・解散。
挨拶 大矢副会長
お疲れ様でした。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター