座間安全・安心推進会
                               

庚申塔仮設置状態改善

庚申塔仮移設であるがグラグラして危険

 県土木事務所に改善を依頼し、横向きに倒して、周囲に柵を設けて頂いた。

 当初、頭部の桃形石造物が紛失し、探してみたが見つからなく諦めていたが、その後、県土木事務所で探して頂き、見つかりました。 

https://genki365.net/gnkz/sec_community/c_sheet.php?id=101689&ver=1

 柵を設けて安全を確保した。
中央の看板は、仮置き場として置いてあることを表示している。
 県道42号線土砂崩れ対策工事の為に仮においてある旨のお知らせ看板。
 横向きにして倒れ防止をはかった。
 不明になっていた頭部の石造
が見つかる。
 不明になっていた頭部の石造(中央)

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター