座間安全・安心推進会
                               

かにが沢公園ベッコウタケ腐朽調査

ベッコウタケ中心よりマルカンを挿入したところ、腐った粉が出てきた(幹内部が腐朽している証拠)。
しかし、出てきた量は少なかった(幹内腐朽量は小)。
幹外周 2700
幹直径 2700×3.14=848
丸カン挿入量=530
腐朽率 530÷848×100=62.5
  腐朽率=62.5%
※ 要経過観察(毎年確認する必要あり)



1.公園東側の桜
調査日 6月27日
該当桜樹外周:2700
マルカン挿入量:530
マルカン挿入場所:GL+200
根部空洞:無し
子実体:6個

風を考慮した倒木危険度判断 
※本樹木計算530÷860=0.62 ※0.65より小さい
が、余裕無し。0.65>0.62・要経過観察
 ※樹内部が62%腐朽していることとなる。樹周囲に6個のベッコウタケが確認されており、今後も腐朽が進むと思われる。
2.南側桜
 ベッコウタケが3か所確認されているが、樹内部腐朽は少なく、北側桜と同様要観察と思われる。


前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター