NPO法人 さくら百華の道
                               

2020年2月活動状況

2020年2月
巡回・パトロールは毎日2人で北側と南側に別れて行われています.
樹木台帳作成のための調査、下草取り清掃、剪定、施肥、利用者への挨拶の励行も行われました。歩行者からの「声かけ」が多くありました。公衆トイレの清掃も行われています。

−11日:業務予定表作成のための「調整会議」が行われました。

−13日:相模が丘コミセンでの講習会「最近の桜事情―桜の生育を脅かす魔の手―」が26名参加で行われました。講師は日本花の会の西山主任研究員。

−18日:「理事・各リーダー会議」が行われました。




−2月は緑道の維持管理のため、「巡回、下草取り清掃、剪定、施肥、樹木台帳作成のための調査、公衆トイレ清掃、利用者への挨拶の励行」が実施されました。<緑道公園の維持管理参加者:稼働29日、 延べ214 名、313人時。>

−画像:相模が丘コミセンでの講習会「最近の桜事情―桜の生育を脅かす魔の手―」の様子。(撮影:2月13日)


 
   


前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター