ルミエール(座間市発達支援親の会)
                               

平成30年度振り返り 第四回講演会

平成30年10月30日 10時〜12時
講演会「ディスレクシアって何?〜LD/読み書き困難/を疑似体験しよう」開催 
場所;サニープレイス座間 
講師:藤堂栄子 先生(星槎大学特任教授/認定NPO法人エッジ会長)

<講演内容>
○ディスレクシアのメカニズム
○ディスレクシア疑似体験 
○望ましい支援とは

ディスレクシア(読み書き困難)の啓発・支援活動の第一人者である藤堂栄子先生をお招きし、講演を行うことができました。
ディスレクシア当事者でもある先生と息子さんの体験談から始まって、ディスレクシアのメカニズム講義、ディスレクシアの見え方感じ方の疑似体験を行いました。
生まれつきで治るものではないディスレクシア(やその他の発達障害)ですが「不便だが不幸ではない」という言葉は心強いものでした。

定員(50名)を大きく超えての応募で会場はほぼ満席となりました。学習障害への関心の大きさ、すそ野の広さを感じさせられました。

アンケート回答より
・疑似体験は分かりやすかった
・困難を理解することにつながった
・サポートの参考になる

並んだ文字列のどこを読み取ればよいかわからない、せかされて焦ってしまうなどの気持ちを実感することができました。
さらに、効果的に支援するヒントをお話頂きました。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター