東原コミュニティセンター
                               

平成30年度 第6回文化講座 医療講座

平成30年度 第6回文化講座
医療講座 「新しい時代を迎えた人工股関節、我慢から治す時代へ」

実施日:平成30年度10月13日(土)
    10:00〜12:00
場 所:東原コミュニティセンター
    1階集会室
講 師:人工関節リウマチ科
    部長 草場 敦 医師
参加人数:108名

 座間総合病院の草場先生をお招きして、「新しい時代を迎えた人工股関節、我慢から治す時代へ」と題して講座が開催されました。草場先生の略歴をスタッフより紹介していただいた後、股関節の説明から始まり、どこに股関節があるか、どのような動きをするか、股関節症とはどのような病気なのか等をレントゲン写真を使って丁寧に説明していただきました。特に女性に多い変形性股関節症は、軟骨が削られて起こる病気で、一度削り落とされると元に戻らないし再生されないとのことでした。股関節の治療方法には、いろいろあり最終的には手術で人工関節を入れるしかないとのことです。先生は、医学の進歩や寿命も延び90〜100歳まで生きる時代我慢して生きることはなく、手術が必要かで決まるべきと力説されていました。100名を超す参加者が集まり講座の関心の高さがうかがわれ、とても有意義な講座でした。


草場敦先生が股関節症の話をされています。
プロジェクターを使って詳しく説明されました。
皆さん熱心に聴いています。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター