座間市おもちゃドクターの会
                           

団体名 座間市おもちゃドクターの会
団体名 フリガナ ザマシオモチャドクターノカイ

代表者
氏名 増茂 邦雄
氏名 フリガナ マスモクニオ

事務局・連絡先
氏名 増茂 邦雄
氏名 フリガナ マスモクニオ
 
住所  
電話番号  
FAX番号  
E-mail masumo@ja2.so-net.ne.jp

基本情報
具体的活動分野 おもちゃ修理
活動分野 こども
ホームページURL https://sites.google.com/site/omochazama/
設立年月日 2006年3月13日
会員数 男性 11名 女性 0名 合計 11名
会員の年齢層 40代 50代 60代 70代 80代以上
主な活動場所 北地区文化センター、座間市公民館、東地区文化センター、相武台コミセン、青少年センター
活動日 北文:奇数月第2土曜、東文:奇数月第4土曜、公民館:偶数月第3土曜、相武台:偶数月第1土曜、青少年セ:毎月原則第1日曜
活動時間帯 10:00から12:00まで
入会金の有無 なし
会費の有無 あり 年会費1,000円
活動費の収支を会員に
対して報告しているか
あり
総会にて文書で報告
会則の有無 あり
会報名  
会員募集 会員募集中
仲間と協力しておもちゃを修理し、直ったときの子どもたちの喜ぶ顔を見て幸せを感じられる方
目的 おもちゃの修理を通じて子どもたちの「ものを大切にする心」「科学的に考える力」を育みたいと考えています。またドクターとして活躍するシニアにとっては経験・知識を活かせる生きがい創造の場ともなっています。
≪活動内容≫
≪実績≫
≪活動内容≫
公民館など市内4施設でそれぞれ2か月に1回おもちゃ病院を開催し、おもちゃの無料修理を行っています。(部品代のみ実費徴収) その場で治らないものは持ち帰って(入院)修理することもあります。2016年度より青少年センターにて小中学生の会員と理科工作クラブ活動を行っています。


≪実績≫
2006年3月以来、1800点以上のおもちゃを治療、約9割のおもちゃを再び遊べる状態にして子どもたちの手元に戻してきました。子育てフェスティバル等のイベントでのおもちゃ病院開院や公民館のサマーサイエンスやふれあい自然科学クラブでの理科工作活動なども行っています。

PR ≪PR≫
おもちゃ修理は根気のいる細かい作業ですのでそのようなことが苦にならない方に向いている活動ですが経験は不問です。誰でも最初は初心者です。チームで診療しますので先輩ドクターに教わりながら技能を身に付けていくことができます。老若男女楽しめる活動です。

前のページへ戻る
ざま市民活動サポートセンター