悠遊俳句会
悠遊俳句会メンバーの面々です。
      桜前線北上中    

いよいよ桜開花の季節です。開花予報も出始めま
した。
関東、東京地方は3月20日ころとの予報です。
桜は開花してほぼ一週間ほどで散り始めます。
お楽しみはその一週間ですが、散る桜も大いに
愉しむのが日本人です。

三月は、桜の開花前にいろいろ行事があります。
そう入学試験、卒業式、会社の年度末、退職など
あり悲喜こもごもの行事が目白押しです。

季節も花粉症に悩まされる時季でもあり、春とは
言えまだまだ寒い日もあります。
こんな時こそ健康には十分配意をして過ごしたい
ものです。

久しぶりにまとまった雨の日の句会となりました
が無事終了いたしました。
皆さんの佳句を下記に紹介します。


                   義人記

兼題: 「蕗の薹」
 
時季くれば大地の息吹蕗の薹    慶子   
露天風呂沖にタンカー浮かぶ春   桂
蕗の薹天に向いし地の力      ひろ子
わしづかみして蕗の薹呉れにけり  洋子
モルヒネを服し筆とる春の子規   明日香
古民家を囲む土塁や蕗の薹     義人


日時:3月7日(木)  13:00〜