悠遊俳句会
悠遊俳句会メンバーの面々です。
        夏に入る    

平成から令和になってもう九日が過ぎました。
まだマスコミでは令和の話題でいっぱいです。
勿論句会でも令和を詠んだ俳句がいっぱいです。

そして、季節は初夏のすがすがしい風薫る季節に
なりました。

今回は、参加者が五人という少ない句会でしたが、
皆さん季語を気に入ったのか、素敵な佳句がたく
さん生れました。

この良い季節もあっという間に過ぎてしまいます。
緑が美しいこの季節の空気ををたっぷりと吸い込
んで健康に留意しながら令和の時代を俳句を愉しん
でまいりましょう。

そんな五月の句会が無事終わりました。
皆さんの佳句を下記に紹介します。ご覧ください。


                   義人記

兼題: 「立夏」
 
女子高生白きうなじに夏来る    慶子   
大凧の令和の文字や夏に入る    桂
ポロシャツのボタンはづして夏に入る 洋子
乙女等のにのうでまぶし夏に入る  明日香
砂ぼこり立てて立夏のモトクロス  義人


日時:5月9日(木)  13:00〜